目の病気治療

レーシックの成功例

視力低下してしまった人の視力回復法は主に3種類になります。
メガネ、コンタクト、そしてレーシックという方法です。
メガネやコンタクトなどは、視力調整の一つとして多くの人が使用しているので知っている人も多いでしょう。

そして最近注目され需要が高まってきているのが、レーシックです。
レーシックは、目にメスを入れることで、裸眼のように視力調整がなく生活することができます。
なので術後の生活の快適さやわざわざコンタクトやメガネのお手入れなどをする手間も省けます。

レーシックでの成功事例とはどのようなものなのでしょうか。
まず一番は希望通りの視力回復を得られたということです。
レーシックの場合、事前のカウンセリングで視力の回復レベルを話し合います。

人によって回復したいレベルは違います。
スポーツ選手などは高い視力を求めますし、一般人は生活に必要な視力を求める人が多いです。
求められる視力によっても、手術のレベルが異なります。
レーシックの費用はどれくらいなのでしょうか。詳しくはこちらhttp://jetstreamprojector.com/hiyou.html

もちろん手術を受ける本人の目の状態によっても、レーシックでどの程度視力が回復できるのかも異なります。
事前カウンセリングを丁寧に行い、しっかりと理解できるように説明してくれる病院がお勧めです。
もう一つの成功事例としては、術後の経過です。

多くの人は術後の後遺症が不安に感じる人が多いです。
もしも目が見えなくなったらと不安に思う人もいるかもしれませんが、過去に失明したという報告は一度もありません。
ただし目にメスを入れるわけですから、必ずリスクはあります。

よく聞く後遺症としては、ハロ・グレア現象です。
夜間車のライトやお店のネオンなどがいつもよりもまぶしく感じて、にじんで見えることです。
術後の後遺症として感じる人が多く、1カ月ほどで症状が改善されます。

もう一つはドライアイの現象です。
目の乾燥が普段より感じやすく、目薬をさすことが必要になります。
術後の点眼をしっかり行い、日々の生活で注意すべきことを守っていれば、重症化することが少ないといえます。
レーシック後のアフターサービスはしっかり受けましょう。

これらの後遺症はレーシック手術のリスクとして、どうしても起きてしまいます。
しかしこれらの症状が軽いほど、レーシック成功例ともいえるでしょう。
目も手術をして、普段の生活になれるまでに時間がかかります。
そのことを理解したうえで、自分が納得できる事前カウンセリングが受けれた病院での手術をお勧めします。
レーシックの病院選びこちらも合わせてご覧ください。

Copyright(C) 2013 目のためにある施術 All Rights Reserved.