目の病気治療

レーシック後に老眼なったら

レーシックは日本でも多くの病院で受けることができる手術の一つになりました。
なので、多くの有名人がいろんな病院の広告塔として起用されています。
スポーツ選手では本田圭佑選手や松坂大輔選手、杉山愛選手、井上康生選手などがあげられます。

タレントなどでもラサール石井さんや松本伊代さん、堀ちえみさん、保阪尚希さん、松嶋尚美さんなどが受けています。
以外にも有名芸能人がたくさんレーシックを受けている事が分かります。

レーシックは不安ばかりが取り上げられがちですが、実際失明した症例は0の手術方法です。
近年では日本のレーシック技術も上がり、いろんな症状を抱えている人でも治療を行うことができるようになりました。
さらに手術もたった一日で行うことができ、入院の必要もなく日帰りで受けることができます。
今までレーシックは視力が低下した人だけが行うもと考えがちですが、老眼などの症状に効果があります。

40代ぐらいになると徐々に症状を自覚する場合が多いです。
なので40代で老眼と視力調整を同時に行うことが一番目にも負担がかからないベストな方法です。
しかし、小さなころから視力低下に悩まされてきた人にとっては、一日でも早くレーシックを受けたいと思う人が多いでしょう。

レーシックは角膜を削るため、何度も受けられる手術ではありません。
なので老眼が始まってしまったらまたメガネをかける生活をするのは、嫌だなと感じるでしょう。
それがきっかけで、若いうちに施術を受けるのをあきらめてしまう人もいます。

今のレーシックの技術では、術後に老眼になったとしても老眼鏡をかける必要はありません。
老眼になったと感じた際には、再度視力調整を行うことができます。
ただしその方法は片方の目の視力を調整するといった方法です。

そのため、片方だけが治療されるので、目がなれるまでに時間がかかる場合があります。
目の負担もその間は疲れやすく感じてしまいます。
しかし、慣れてくると今までの裸眼と同じような生活に戻ることがでいます。

今度さらに老眼への課題が増えていくと、技術の改良が進み、目の負担を最小限に抑える方法が見つかる可能性もあります。
病院によっても解釈の違いもあるかともいます。
事前の無料診断などで、一度先に相談をしておくといいでしょう。
今の最新の治療で対応できる方法を説明してもらうことができます。

Copyright(C) 2013 目のためにある施術 All Rights Reserved.