目の病気治療

レーシック後の眼圧

レーシックという視力回復法は、日本でも知られるようになりました。
視力で悩んでいる人は眼科かかっていることが多く、レーシックなどの案内を見かけたことがあるのではないでしょうか。
日本でも多くの著名人がこの治療を受けている事が分かっています。

見た目ではレーシックをしているのかどうかの判断はできないので、身近な人でレーシックのことを聞くことあまりありません。
すると情報源としては、直接病院で聞くか、ネットなどで広く情報を得ることになります。
ネットではいろんな人の意見をたくさん見ることができるので大変役立ちます。

しかしその反面、憶測や実際とは異なることが噂として広まりやすいという欠点もあります。
特に目の手術を受けるとなると、もし万が一のことが起きた場合に失明することになったら日常生活が大きく変わってしまいます。
視力回復を求めていたのが、全く逆になってしまっては、なんのメリットもありません。

このような不安要素がたくさん書かれるようになってから、レーシックを受けたいけど不安感が勝ってしまい見送ってしまう人もいます。
実際失明に関しては、今までこの施術が原因で失明した症例は一度もありません。
なので失明の心配いりません。

このように不安要素の一つとしてよく耳にするのがレーシックを受けた後の眼圧が低下するのではという不安です。
眼圧が下がってしまうと緑内障のリスクが高まってしまうという心配があります。
実際に受けた人が眼圧を下がると数値が下がってしまいます。

しかし本当は、眼圧が低下しているわけではありません。
眼圧の測定は、角膜の厚みを図ることで計測されます。
レーシックでは角膜を削って、視力の調整が行われます。

なので眼圧は下っていないにも関わらず、角膜が薄くなっているので、眼圧が低いと診断されてしまいます。
間違った診断されやすいという特徴があることを知っておくと、安心できるのではないでしょうか。
もしも心配な人は、レーシック後の定期検診で、主治医の先生に相談するといいでしょう。

Copyright(C) 2013 目のためにある施術 All Rights Reserved.