目の病気治療

アメリカでのレーシック

レーシックという言葉を聞いたことがある人はいるでしょうか?
近年注目されている視力回復方法の一つなので、一度は耳にしたことがある人は多いでしょう。

そんなレーシックが日本で初めて行われたのが、1996年のことです。
目の視力回復法としては、まだ20年ほどの歴史が浅いものです。
しかし、治療の歴史は浅くても、需要はとても高まりレーシックを受ける人がとても増えてきています。
その要因としては、やはり術後の生活の快適さがあげられます。

今まではコンタクトやメガネを装着しなくては、目が見えない状態です。
寝る前にはコンタクトやメガネをはずして、清潔な状態を保つために手入れをしなくてはいけません。
このようなお手入れを怠ってしまうと、感染症などの病気を引き起こしてしまう場合があります。

また長年使用してくると見えにくくなり、再び視力調整をしなくてはいけなくなります。
レーシックではこのようなお手入れが不要になり、煩わしさがなくなります。
日本でも需要が高まったことで、レーシックの治療法も選択できるようになりました。

より高い技術を求めるために、最新医療のを取り入れているクリニックも増えてきています。
そんな最新医療の多くは、厚生労働省の認可が下りていないものもたくさんあります。
認可が起きる前でも治療で使用することは可能です。

その多くの技術は、アメリカから得ています。
アメリカでは年間100万人の人がレーシックを受けるというほど、身近な治療法です。
日本では目にメスを入れることに抵抗感や不安を感じる方がはるかに多いです。

しかしアメリカではごくスタンダードな方法で、多くの人が視力回復の方法として使用しています。
アメリカでは1990年代にレーシックが、視力回復法の一つとして認知されるようになりました。
いろんな視力回復法がある中で、この治療法を選択する人が多いです。

また多くの有名人がレーシックを行っていることも、有名です。
スポーツ選手では、タイガーウッズが3回も行っている事は有名です。
またNASAの宇宙飛行士やパイロットなど視力に制限のある職種でも、決められたレーシックの治療法であれば認められています。

アメリカの技術の進歩は、症例の多さによってますます発展しています。
多くの患者数がいるにもかかわらず失明をした症状は0で、視力回復ができなかった人は1%台です。
視力回復を実感している人の方が圧倒的に多く、レーシックは満足度が高い治療法とされています。
今後もアメリカの技術向上は高まっていくといえます。

Copyright(C) 2013 目のためにある施術 All Rights Reserved.